審判も不満? プレミアリーグ、「新ハンドルール」の改正を要望へ

©株式会社コリー

再開されたプレミアリーグで物議を醸しているのがハンドを巡る判定だ。

トッテナムとマンチェスター・シティの得点がVARによって取り消された問題のシーンがこちら(以下動画30秒~、1分22秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

どちらのシーンも相手から抗議はなかったものの、ゴールは取り消されている。ここで反則とされたのはゴールに至る過程(ビルドアップ)でのハンドだ。

今季からはその接触が得点に至った場合、意図的ではなかったとしても、ハンドボールは全て反則にすべきというルールになった。

【関連記事】サッカーのルールが少し変わる!2020-21シーズンからの変更点まとめ

『The Times』によれば、プレミアリーグはこの新ハンドルールの変更を求める見込みだそう。

クラブ、選手、監督たちはこのルールをIFAB(国際サッカー評議会)が改正してくれることを強く希望しているという。リーグ関係者は今季だけですでに6つの得点が誤って取り消されたと確信しているそうで、VARもこの問題の助けにはなっていない。

イングランドでは審判団の上層部も、新ルールがもたらしか結果に不満を抱いており、見直しを求めているとのこと。