プーチン氏、「続投条項」は民意

憲法改正で

©一般社団法人共同通信社

3日、モスクワ郊外の公邸でテレビ会議に出席するロシアのプーチン大統領(ロシア大統領府提供・タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は3日、憲法改正論議でプーチン氏の続投を提案した与党「統一ロシア」のテレシコワ議員とのやりとりで、全国投票で改憲が承認され自らの長期続投が可能になったことを念頭に「安定した、平穏な発展を望む国民の内なる声だ」と述べた。改憲案をまとめた作業部会の委員らとのテレビ会議で発言した。

 世界初の女性宇宙飛行士として有名なテレシコワ氏はプーチン氏に対し「人々は、わが国の安定はあなたのおかげだと考え、感謝している」と呼び掛けた。

 プーチン氏は「提案された改憲条項がロシアに必要であることを国民は心で感じていた」と応じた。