NiziU、TWICEに見るK-POPプロデュースの業 「今さら訊けないK-POPとJ-POPの相違」前編|「偶像音楽 斯斯然然」第34回・前編

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

NiziU、TWICEに見るK-POPプロデュースの業 「今さら訊けないK-POPとJ-POPの相違」前編|「偶像音楽 斯斯然然」第34回・前編

これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である。

韓国の総合エンタテインメント会社であるJYPエンターテインメントと日本のソニーミュージックによる日韓合同プロジェクトオーディション『Nizi Project』から誕生した新ガールズグループ・NiziUの盛り上がりがすさまじい。同オーディションはhuluのオリジナルコンテンツとして配信されていたものの『虹のかけ橋』といった日本テレビ系列の地上波放送の影響も大きく、特に朝の情報番組『スッキリ』の、主婦層をターゲットにしたであろう戦略も功を奏していると思われる。30〜40代といえば、10代の頃に『ASAYAN』を観ていた世代でもあり、こうしたオーディション番組には感情移入しやすいわけだ。さらにはコロナ禍による在宅勤務により、朝、何気なくテレビをつけていたら見入ってしまった層も多いだろう。なにより、オーディション自体がハイレベルのために、K-POPファン、ガールズポップファン以外への訴求力も高かった。

さて、そうした中、6月30日にリリースされたNiziUのプレデビューアルバム『Make you happy』。表題曲はもちろんJYPエンターテインメントの創業者でありTWICEなど多くのグループを世に送り出したJ.Y.Park(パク・ジニョン)によるものだ。この楽曲には韓国のプロデューサーが日本人グループをプロデュースしている面白さがある。TWICEやIZ*ONEといった日韓混合メンバーによるグループではなく、日本人メンバーだけのグループが本格的なK-POPを歌うという、妙たる化学反応である。

NiziU 『Make you happy』 M/V

まず耳につくのは、どこか“海外アーティストが歌っているような日本語メロディ”である。K-POPグループの楽曲には日本市場に向けた“日本語バージョン”が作られることが多いが、まさにそんな聴き心地を不思議と感じてしまうのだ。

なぜ、日本人が日本語を歌っているのにそう感じるのだろう。

JYP流ボーカルディレクション

海外アーティストが日本語で歌った時に我々日本人が感じるものは、技術的な発音やアクセントよりも、母国語ではないために生じてしまう感情としてのイントネーションの相違であるように思う。だが、K-POP楽曲ならびに「Make you happy」で感じるものは符割りに対する言葉の乗せ方だ。ものすごく音符に忠実な言葉の置き方をしている。

一般的にJ-POP詞は言葉や感情を伝えることを重視しているため、メロディに詞をのせる場合も、言葉によっては符割りを崩してまでも歌詞を優先させることも少なくはない。ただ、K-POPの日本詞に関してはそれをせず、符割りに見合った無理のない言葉数と柔らかい語感を用いているように感じるのだ。日本のロックバンドは英語っぽく聴かせるために敢えて濁音の多いギクシャクした言葉を多用したり、アイドルソングであればつんく♂のハロプロ曲や渡辺淳之介×松隈ケンタのWACK楽曲は、日本語のセオリーを無視したアクセントやブレスの位置を用いることによって、強烈な聴感を与えることを得意としている。しかし、「Make you happy」で聴こえてくるものは、それらとはまったく異なる作詞&ボーカルディレクションである。

サビにあたる“I just wanna make you happy あ~もう!笑ってほしい 忘れちゃった笑顔も大丈夫ちゃんと取り戻して”の符割りの置き方、そしてブレスの位置は、日本人の発想では思いつかないものだ。韓国語は英語と同様にリズムの収まりが良いために、日本語詞には対照的な柔らかさと滑らかさを求めているようにも思える。平歌の日本詞パートに関しても口語調詞でありつつ母音を弱めに発音して柔らかい印象を与えているところをみるに、これこそがJYP流のディレクションなのだろう。歌を楽器として捉えている旨を強く感じるのである。ちなみに同曲の作詞はJYPならびにTWICEなどの楽曲も手掛けている日本人作詞家・松本有加である。

J-POPに比べるとK-POPは印象に残らない?

1年ほど前にこの連載で、“世界的なポピュラーミュージックにおけるトレンドは「サビらしいサビがない」こと”だと触れた。

PINK CRES.にIZ*ONE……J-POPとK-POP、トレンドは「サビがない⁉︎」|「偶像音楽 斯斯然然」第3回

記事の中ではIZ*ONEの、世界のトレンドを積極的に取り入れたグローバルな韓国デビュー曲「La Vie en Rose」と、AKB流アイドルソングである日本デビュー曲「好きと言わせたい」における、海外向けと日本向けの相違を取り上げたが、最近ではTWICEのニューアルバム『MORE & MORE』表題曲と日本向けの7月8日リリースシングル「Fanfare」を比べれば、その違いは瞭然である。

TWICE "MORE & MORE" M/V

「MORE & MORE」はイントロなしで始まる歌パート(MVには演出上イントロが加えられている)、オリエンタルな雰囲気を醸しながら楽曲の表情が変わっていくものの、楽曲展開としての大きな抑揚は存在しておらず、サビらしいサビもないままにドロップを挟み込みながら淡々と進んでいく。

方や「Fanfare」は序章的なイントロから始まる歌パート、ラップ調のBメロで一旦抑えておいて、キャッチーなサビで爆発させるというJ-POPの王道中の王道曲。Cメロ間奏の落とし方からラスサビにピークを持ってくる手法もJ-POPらしいところだ。

TWICE 「Fanfare」Music Video

まったくタイプの違う2曲、好き嫌いは別として、我々日本人にとって親しみやすく耳に残る曲は 「Fanfare」の方だろう。ただ、どちらが優れているというわけでもなく、同じアーティストながらターゲット層の違いでここまでベクトルの異なる楽曲を持ってくるところに面白さがある。

NiziUに関していえば、世界を見据えており、そうした意味では前者の世界的なトレンドがさらに顕著になっている。その反面で、私が「Make you happy」を聴いて感じた率直な第一印象は、メンバーとグループのポテンシャルは別として、“メロディが弱く、リズムも単調で印象に残りづらい曲”だった。実際にそう思った人は少なくはないはず。特に『Nizi Project』を熱心に観ておらず、メンバーに思い入れが少ない人ほど、そうした印象を受けたと思う。しかしながら、この“印象に残りづらい”ことこそが今、トレンドの肝となりつつあるのである。

スッと聴ける耳馴染みと物足りなさを感じる楽曲の長さ

例えば、デビュー当初からのプロデューサー、ハン・ソンスが退任し、新境地を開いたIZ*ONEの6月15日リリース、3rdアルバム『Oneiric Diary』からのリード曲「Secret Story of the Swan」。多彩さで魅せていくようなシネマティックEDMのダンス曲であるが、正直、1度聴いただけでは印象に残りづらい。

IZ*ONE (아이즈원) - 환상동화 (Secret Story of the Swan) MV

次にBLACKPINKの6月26日プレリリースの「How You Like That」。妖艶さとエキゾチックさを交互にかぐわすBLACKPINKらしい凛とした強さで圧倒していく楽曲であるものの、前作のリード「Kill This Love」のように対外的なインパクトで攻め立てていく曲ではない。

BLACKPINK - 'How You Like That' M/V

しかし、この“印象に残りづらい”とは“よくわからない”のではなく、スッと聴けてしまう耳馴染みの良さがある。であるから、なんだかもう1回聴いてみたくなるし、そうやってくり返し聴けば聴くほど、その緻密なトラックデザインとボーカルの美しさに気づかされるのである。

以前、ストリーミングが主流となった昨今、アルバム収録時間が短くなっているという話題を取り上げた。聴き疲れすることのない長さと、八分目的な物足りなさによって何度でも聴きたくなるという算段である。それが楽曲単位でも行なわれている点にも注目である。

満を持してのメジャー進出CY8ER、新たなフェーズに突入した神宿 ストリーミングによって短くなるアルバム事情|「偶像音楽 斯斯然然」第23回

TWICE『MORE & MORE』は7曲22分、リード表題曲は3分19秒。IZ*ONE『Oneiric Diary』は8曲24分、リードの「Secret Story of the Swan」は3分12秒。BLACKPINK「How You Like That」は3分01秒である(各曲、音源の長さであり、MVはもう少し長いアレンジが施されている場合がある)。

現在のJ-POPも一時期より短くなっている傾向があるものの、大体4分〜4分半程度が平均的であり、3分台前半となれば相当短く感じてしまう。NiziU「Make you happy」は3分4秒。アルバムは4曲で12分である。スッと聴ける耳馴染みと物足りなさを感じる楽曲の長さ、「Make you happy」MVはそうやって何度も観ているうちに、冒頭のメンバー紹介と綺麗にパート割された各自の見せ場によって、気がづけばハマっていた……なんてこともあるかもしれない。

こうしたトレンド、制作による戦略は、瞬発的なヒットを狙う日本とは違った韓国の音楽市場だからこそ、ということもあるだろう。私は過去に制作ディレクターとして韓国アーティストの原盤制作(レコーディングして音源作品を作ること)に携わったことがある。かれこれ10年以上前の話なのだが、そこで日本とのプロモーションの大きな違いを目の当たりにしたのである。

後編へ続く(後編は、7月5日(日)正午12時公開)

BLACKPINKから遡るソ・テジ、日韓市場戦略と韓国バンド事情「今さら訊けないK-POPとJ-POPの相違」後編|「偶像音楽 斯斯然然」第34回・後編

【過去の連載一覧】

ラウドならずともエッジィ! ロックな新進気鋭アイドル5選|「偶像音楽 斯斯然然」第1回

アイドルかロックか \ヲタグルイ!/ 合間はノーサンキュー|「偶像音楽 斯斯然然」第2回

PINK CRES.にIZ*ONE……J-POPとK-POP、トレンドは「サビがない⁉︎」|「偶像音楽 斯斯然然」第3回

アイドル無知なアラフォーV系女子がMIGMA SHELTERに惹かれたワケ|「偶像音楽 斯斯然然」第4回

鶯籠、会心ノ一撃、LiLii Kaona、感情に揺さぶりを掛けてくる“エモい”グループ|「偶像音楽 斯斯然然」第5回

predia、Juice=Juice、CY8ER、90sリバイバルとJ-POPの普遍性|「偶像音楽 斯斯然然」第6回

プリプリから赤い公園、ザ・コインロッカーズまで ガールズバンドとアイドルのあぶない関係|「偶像音楽 斯斯然然」第7回

TEAM SHACHI、sora tob sakana、でんぱ組inc.、新体制で新境地を感じさせる新曲|「偶像音楽 斯斯然然」第8回

BiS、MIGMA SHELTER、じゅじゅ……、ハードコアにゴス、そしてヴィジュアル系――ロックファンの琴線に触れるアイドルのサウンド|「偶像音楽 斯斯然然」第9回

サイファミがニジマスをさばく!? SILENT SIRENファンから見た26時のマスカレイド楽曲の魅力|「偶像音楽 斯斯然然」第10回

BAUHAUSからZOC、悲撃のヒロイン症候群まで 深淵なるゴシックの世界から覗くアイドルクロニクル|「偶像音楽 斯斯然然」第11回

LADYBABY vs 我儘ラキアがバンドセットで魅せた、ラウドロックアイドルの“いま”|「偶像音楽 斯斯然然」第12回

鈴木愛理の二面性と、神宿にでんぱ組.inc…清 竜人が書く女性ヴォーカル曲としてのアイドルソング♡|「偶像音楽 斯斯然然」第13回

BABYMETAL、わーすた、おやすみホログラム……ロックファンに捧げる今観ておきたいバンドセットのアツいアイドル8選|「偶像音楽 斯斯然然」第14回

オクタゴンの爆音で“ととのった”!?<ギュウ農フェス秋のSP>参戦記|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

Pimm’s、FES☆TIVE、BABYMETAL、EMPiRE…ミクスチャーな可能性を追い求める新作|「偶像音楽 斯斯然然」第15回

めろん畑、爆裂女子、ZOMBIE POWDER…アイドルだってなめてんじゃねーぞ! アイドル、V系、パンク、メタルを紡ぐダイエースプレーの香り|「偶像音楽 斯斯然然」第16回

BILLIE IDLE、夢アド、LADYBABY……解散、休止、卒業、アイドルがラストへと向かう時|「偶像音楽 斯斯然然」第17回

藤川千愛がBUCK-TICKを!? CARRY LOOSE、あゆくま、ぜん君。…ロックテイストアイドルの現在地|「偶像音楽 斯斯然然」第18回

モー娘。、エビ中、EMPiRE、神宿に我儘ラキア「今いちばんロックしてるのはEDMとヒップホップ」|「偶像音楽 斯斯然然」第19回

BABYMETAL、PassCode、LADYBABY …Pop’n’Roll編集長と語る「ギターがカッコいいアイドルソング 2019」前編|「偶像音楽 斯斯然然」第20回

WACK、神宿、QUEENS、マリオネッ。……Pop’n’Roll編集長と語る「ギターがカッコいいアイドルソング 2019」20選<後編>|「偶像音楽 斯斯然然」第21回

エビ中と夢アド、さまざまなアーティストから楽曲提供を受けるアイドルの到達点|「偶像音楽 斯斯然然」第22回

満を持してのメジャー進出CY8ER、新たなフェーズに突入した神宿 ストリーミングによって短くなるアルバム事情|「偶像音楽 斯斯然然」第23回

アニメ『推し武道』から考える“推し”の概念と、インフルエンサーが生み出す新時代アイドル像|「偶像音楽 斯斯然然」第24回

わーすた 、こぶしファクトリー、豆柴の大群、CYNHN、アンスリューム……ロックスピリッツを感じた新曲|「偶像音楽 斯斯然然」第25回

10代ロックファンにとってのアイドル、楽曲派ロックおやじが口にする「アイドルの枠を超えている」|「偶像音楽 斯斯然然」第26回

ネオジャポ、raymay、デビアン、そしてラキア 規制解除イベント<特区2020>が教えてくれたライブの価値|「偶像音楽 斯斯然然」第27回

無観客ライブ配信で怪物音響!? ギュウ農フェスが見せた心意気|「偶像音楽 斯斯然然」第28回

EMPiRE、PEDRO、BenjaminJasmine、RAY ノスタルジーに浸りたいオルタナティヴロック|「偶像音楽 斯斯然然」第29回

ドラマ『M 愛すべき人がいて』で学ぶ“歌姫”の時代 浜崎あゆみとエイベックスは何がすごかったのか|「偶像音楽 斯斯然然」第30回

えいたそ×DIR EN GREY、あゆくま×バクシン、大阪☆春夏秋冬……アイドルとバンドが結ぶ強度|「偶像音楽 斯斯然然」第31回

PerfumeからPassCodeへ 意外と知らないオートチューン“ケロケロボイス”の世界|「偶像音楽 斯斯然然」第32回

豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、WAgg……さらなる進化を遂げる「WACKの素晴らしき世界」|「偶像音楽 斯斯然然」第33回