燃えこれ学園[ライブレポート]無観客ライブ生配信を開催!ファンとメンバーを繋ぐ“リモート担当”も登場

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

燃えこれ学園[ライブレポート]無観客ライブ生配信を開催!ファンとメンバーを繋ぐ“リモート担当”も登場

燃えこれ学園が、6月23日に『無観客ライブ生配信』を行なった。本記事ではその模様をお届けする。

【画像はこちら】

取材・文:長澤智典

学園の始まりを告げるチャイムの音に続き、腕を高く天に突き上げ、力強く声を上げながらメンバーが舞台に登場。ライブは「Lost in Time」からスタートした。

なくした時間はもちろん、今、失っているこの環境を自分たちの力で変えたい気持ちを胸に、メンバーたちはこの曲に込めた“探している夢”を、今の状況に重ね合わせ歌い出した。今の環境をプラスに変えていくのは、舞台上から全力で想いを届けること。その願いが伝播すれば、今の環境をもっと輝きに変えていける。そんな心模様もステージから伝わってくるようだった。

この日、仲川つむぎはリモート担当ということで、自宅からの中継という形で出演。ライブを観ている人たちからの書き込みを伝える役割を担当し、ライブ中のメンバーたちを励ましたり、広報委員たち(ファン)との関係を繋ぐ役割を務めていた。

その後ライブは「Shiny Dream」へ。メンバーたちの想いを1つにしたような歌声の輝きは、演奏が華やかになるごとに増していく。和要素を抱いた絢爛華美な「夢幻華」では、愛らしさよりも凛々しさを軸に据えたステージングを披露。親しみやすさも燃えこれ学園の魅力だが、凛とした姿や力強い表情も、彼女たちの魅力を形作る大切な要素。それを改めて実感させるステージングだった。

彼女たちの無観客ライブ生配信の楽しさの1つが、メンバーたちがカメラに向かってアピールしていく姿。「ミラクる☆妄想がーる」を歌っている時も、メンバーたちが次々とカメラに向かって笑顔を振りまいていった。またMCでは、リモート担当の仲川がメンバーとモニター越しにトーク。そこで届いたコメントを報告することになっていたが、この日は機器の不具合いでコメント機能が動かないハプニングも。しかし、これも生ライブ配信だからこそと、メンバーたちは前向きに捉えていた。

さらにトークでは、目の前でCDを届けたかったが届けられない環境に陥ったことに対する悲しさや寂しさを、當銘菜々が涙を浮かべ語った上で、最新シングルのタイトル曲「Re-START」へ。一緒に求めた夢の道をこれからも繋ぎ続けようと歌ったこの歌が、今は、互いに会えない距離を埋める歌としても響いている。たとえ直接会えなくとも、こうやって歌を通して、無観客ライブ生配信という形を通じて絆を感じ合えているのがよい。

タオルナンバー「風と君と虹と僕」では、リモート担当の仲川もスクリーン越しに参加。メンバーたちも手にしたタオルを振りながら、モニターの先にいる広報委員たちと一緒にはしゃいでる気持ちのもと、カメラ越しに満面の笑顔を届けた。サビで手にしたタオルを頭上高く掲げくるくる回していた時、画面越しにタオルを振り回していた人たちもたくさんいたのではないだろうか。

最後は、乙女たちの眩しい青春模様が歌を通して見えてくる「すき!すき!好き!!」と、ノンマイクによる「校歌」の斉唱を披露し、ライブは幕を閉じた。

なお、燃えこれ学園は、7月にも2本の無観客ライブ生配信を行なうことを発表。7月7日の配信を奥原澄香、7月14日の配信を當銘菜々の生誕祭として開催する。

『無観客ライブ生配信』

燃えこれ学園

『奥原澄香生誕祭!無観客ライブ配信!』

7月7日(火) 開演19:20〜

『當銘菜々生誕祭!無観客ライブ配信!』

7月14日(火) 開演19:20〜

『生誕祭!無観客ライブ配信!』