推定43歳のイルカ死ぬ、愛知

国内4番目に高齢

©一般社団法人共同通信社

愛知県美浜町の「南知多ビーチランド」で飼育されていたバンドウイルカの雌「ローラ」(同館提供)

 愛知県美浜町の水族館「南知多ビーチランド」は4日、飼育していた雌のバンドウイルカ「ローラ」が死んだと明らかにした。国内4番目に高齢の43歳と推定され、1980年の同館オープン当初からイルカショーなどで活躍していた。

 同館によるとローラは、和歌山県太地町で捕獲された。6月28日から食欲が落ち、7月4日午前1時25分ごろに死んだ。腎不全とみられる。5日から31日まで館内に献花台を設ける。

 バンドウイルカの寿命は30年以上とされ、国内最高齢は和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」にいる推定49歳の雌とみられる。