ロンブー淳 jealkbのライブでコロナの感染者は「でませんでした…、でませんでした…」

©株式会社ジェイプレス社

4日放送の『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』(文化放送)で、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、自身のバンド・jealkbのライブで、新型コロナウイルスの感染者は出なかったと報告した。

番組では、冒頭のトークで砂山圭大郎アナウンサーが、先月19日に都内でワンマンライブを行ったjealkbの話題について淳に振った。

淳は既に公式Twitterで、2週間前のライブ参加者から感染者は出なかったことを報告しており、番組でも「(感染者は)でませんでした…、でませんでした…、でませんでした…。なんだっけこれ?」とホッとしたのか、THE YELLOW MONKEYのヒット曲「JAM」をネタにしたコメントをした。

jealkbのライブは、都のガイドラインにそって会場をセッティングし、客席とステージの間にシートを張り、来場者も大きく制限した状態でライブを行った。緊急事態宣言解除直後ということで、他のミュージシャンがまだライブを再開するか迷っていた状態での、いち早いライブ開催だった。

そういった経緯もあり音楽関係者からは、よく開催してくれたと喜ばれたそうだが、淳自身は慎重だったようで「僕は、2週間経たないと成功だっていえないので『喜ぶのはもうちっと後にしましょう』とバンドのスタッフには言ってたんですよ」と明かした。

昨日がその2週間後だったそうで「コロナに感染したお客さんは、ゼロ。いませんでした」と改めて報告した。しかし、300人規模の会場で人数を制限し、わずか25人のファンしか入れられなかったということで、ライブハウス関係者やスタッフを含め、収益を得るライブとしては成立が難しいとし、「まだ一歩も進めてない感じですかね」とまだまだ課題はあると話した。