<新型コロナ>松戸市の専門学校でクラスター発生 千葉県の累計感染者1000人超え

©株式会社千葉日報社

千葉県庁

 千葉県は4日、松戸市の北原学院歯科衛生専門学校で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。クラスターは県内10カ所目。3日までに県内で学生2人と茨城県で4人の感染が判明済みで、4日新たに4人の感染が分かった。他に柏市で2人の感染が確認されており、計12人の学生が感染した。同校は6月29日から休校中。4日に千葉県内で判明の感染者は計16人。いずれも軽症で経路不明が4人。県内で確認の感染者は累計1007人に増えた。

 柏市は市内在住の20代女子学生2人の感染を発表。2人はいずれも軽症。市によると、2人は県の検査で6月28日に感染が判明した市内在住の20代の女子学生とクラスメート。7月1、2日に38度台の発熱やのどの痛み、鼻づまりなどの症状が出て、2日に市内の医療機関を受診した。2人は入院に向け調整中。市は2人の同居家族の検査を実施予定。県によると、2人は同校の学生だった。

 県によると、同校は昼と夜間の2コースがあり、375人が在籍。これまでに判明の12人はいずれも昼のクラスに所属し、接触があった。県や茨城県などは、これまでに同じクラスの77人を検査。今後、同じ教室を使った夜間コースの学生や教員ら約60人を検査する予定。

 同校では座学の他、校外での実習などもしていた。校内の消毒は終わっており、県は感染症の知見を持った職員を派遣し、再発防止のための指導や感染経路の特定を進めている。

 県の独自指標は3項目全てで基準値を超え「警報」目安となったが、県は「クラスターの発生イコール警報という考えではない」と警報発令はしない方針。病床に余裕があり、感染経路が分かっている感染者が多いことなどが理由だ。最近は若年層の感染が目立つとして「若者は行動範囲が広く人にうつすリスクがある」と警戒を呼び掛けた。

 県は他に6人分を発表。浦安市の40代会社員女性と20代アルバイト女性は親子。会社員は都内で倉庫の作業員をしている。同居の息子の感染が判明済み。市川市の30代自営業男性は県内で飲食店を経営し、同店の従業員の感染が判明している。浦安市の20代アルバイト女性と20代無職男性はきょうだい。同居の母の感染が判明している。10代女子生徒は国外の実家から2日に帰国。3日に感染が分かった。

 千葉市は20~40代の男女3人の感染が判明したと発表した。いずれも感染経路は不明。うち40代無職男性と20代女子学生は東京都内への往来があった。

 市によると、30代無職女性は6月28日に発熱などがあり、今月1日に受診。3日に陽性が判明した。軽症で入院調整中。同居の子ども2人は陰性で、濃厚接触者として友人1人を検査している。

 40代無職男性は6月28日に発熱などがあり、29日に受診。軽症で入院の準備をしている。同居の両親は検査中。

 20代女子学生は6月29日に呼吸が苦しくなり、7月2日に受診して検体を採取した。軽症で市内医療機関に入院している。家族ら濃厚接触者計8人の検査を進める。

 船橋市は柏市居住の20代女性保育士1人の感染を発表した。

 柏市保健所によると、女性は都内の保育所に勤務しており、2日に保育所を早退して船橋市内の医療機関で受診。PCR検査で3日に陽性と判明した。女性は1日から、発熱や関節痛などの症状があった。感染経路は不明。入院調整中という。