激甚災害指定「しっかり検討」 武田防災担当相、熊本入り 県南の豪雨 

©株式会社熊本日日新聞社

蒲島郁夫熊本県知事との意見交換後、記者の質問に応じる武田良太防災担当相=4日午後、熊本県庁

 武田良太防災担当相は4日午後、熊本県南地域の豪雨災害視察のため熊本入りし、復旧事業に対して国が手厚く財政支援する激甚災害指定について「全ての状況が確認できているわけではないが、しっかり検討したい」と述べた。

 武田氏は、県庁で蒲島郁夫知事と被害状況について意見交換。終了後、報道陣に「まずは人命救助を第一に、県と連携して速やかに強力に対応していく」と強調した。蒲島知事も「国を挙げて災害対応するということで心強く感じる」と述べた。

 武田氏は「新型コロナウイルス対策を含めた避難所の状況や不足している物資の有無を確認し、迅速なプッシュ型支援につなげたい」とも述べた。(田上一平)