15人心肺停止、9人不明

特養ホームが水没、熊本南部豪雨ードローン撮影

©一般社団法人共同通信社

熊本県南部が4日、豪雨に見舞われ、県内を流れる球磨川は上流から下流にわたって氾濫、道路が寸断されるなど広範囲で冠水した。県によると、球磨村の水没した特別養護老人ホーム「千寿園」で14人、津奈木町で1人が心肺停止で見つかった。内陸部の相良村と五木村で多くの地区が孤立したほか、八代市や人吉市などでも住民が孤立。陸自などがヘリコプターで救助に当たった。