かに座の彼は遊びの恋よりも… 12星座別「彼が恋愛で大切にしていること」

©マガジンハウス

好きな人が大事にしていることを軽視すれば、実る恋も実らなくなってしまうはず。アナタが好きな彼は、恋をする上で何に注目しているのでしょう? 今回は、占い師の沙木貴咲さんに12星座別に「彼が恋愛で大切にしていること」をご紹介いただきました。彼の好みのタイプも一緒にチェックしましょう!文・沙木貴咲

12星座別「彼が大事にしていること」

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の男性は、恋愛をする上でスピード感を大切にしています。「いいな」と思ったらすぐに行動を起こしますし、相手のことを知るためにふたりきりで話したいと食事に誘うはず。相手を誘うまでにアレコレと準備するタイプではないのです。そのため、声をかけたときに焦らさずOKする女性は仲良くなりやすいでしょう。フットワークが軽く好奇心が旺盛な人なら、お付き合いが上手くいくはずです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座の男性は、「一緒にいて馴染めるかどうか」を重視します。異性として魅力的であることより、一人の人間として信頼できることの方が大切なのです。そんなおうし座の恋はマイペースで、出会ったその日に食事に誘うようなことはまずありません。友人や仕事仲間として付き合いながら慎重に相手を見極めますし、信頼関係が築けない人にはアプローチしないでしょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座の男性が恋愛で大切にするのは、一緒にいることでつねに刺激を与え合えること。他愛ない会話にも「おっ!」と思える発見があると良く、デーㇳはあちこちに出かけて面白い体験をしたいと思っているでしょう。ふたご座の彼にとって恋は安心するだけのものではなく、ワクワクするものであってほしいのです。彼女としては、興味の幅が広く話し好きなタイプを好むでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の男性は、恋愛だけで終わる愛を望んでいません。女性を愛する時、無意識のうちに「結婚できるかどうか?」を考えているはず。年齢が若くても、かに座は結婚してもいいほど深い付き合いを大切にするのです。そのため、かに座は損得勘定では付き合いませんし、遊びの恋には消極的。ケンカをするとすぐ「別れる」と言うような女性は苦手で、つねに相手を思いやれる彼女が理想と考えます。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性が恋愛で大切にするのは、愛し愛されていると実感できることです。彼女にはわかりやすい愛情表現を求めますし、ふたりでいる時は心の底からリラックスしたいと思うでしょう。駆け引きは苦手で、疲れる恋愛をするくらいならひとりでいた方がマシと思うかもしれません。裏表のないオープンな女性が彼女になりやすく、優しいタイプも好み。親密な関係になるほど受け身になるしし座には、尽くす女性が合うのでしょう。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座の男性は恋愛関係でイニシアチブを取ろうとします。すすんでリーダーシップを取り、堅実に関係を進めることを大切にするのです。なぜなら、おとめ座は計画的に物事を進めたいタイプだから。何でもない行動も彼の頭の中では緻密に計算されたものなのでしょう。彼女には従順で大人しい女性を見初めることが多く、自己主張が強い仕切り屋タイプとは衝突しがちかも。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の男性が恋愛で大切にするのはドキドキ感です。ロマンチストなのでデートするなら雰囲気の良いお店に行きたいし、ふたりきりで静かに愛を語り合いたいと思うでしょう。そんなてんびん座が彼女にするのは、おしゃれでサッパリしたタイプ。ふたりでいる時は甘いムードを楽しんでも、基本的には束縛や依存のない関係を理想と考えます。離れているとき、ひとりの時間を上手に使えるような女性を居心地良く感じるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の男性が何より大切にするのは、愛する人と深くつながることです。一途なタイプなので、恋人同士になるとかなり密な関係を求めるはず。もちろん浮気は許しません。ただ、そうした情熱を示すのは付き合った後。さそり座は奥手なので、大好きなのにうまく自己アピールできず、むしろ素っ気ない態度を取りがちかもしれません。積極的に歩み寄ってくれる女性が彼女になりやすいでしょう。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座が恋愛で大切にするのは、自分も相手も充実した毎日を送ること。それぞれの仕事や人間関係が順調であれば、ふたりで過ごす時間は刺激的で有意義なものになると考えるのです。自由を愛するいて座にとって、恋人の定義はずっと一緒にいる人ではありません。自分にはない感性を持っていて、良い影響を与えてくれる彼女がベストと考えるでしょう。好奇心が旺盛でサバサバした女性が好みです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

大っぴらには言わないでしょうが、やぎ座の男性は昔ながらの男女関係を大切にしたいと考えます。彼女には半歩下がってついてくるような慎ましさを求めるのです。誠実ではあるものの真面目で堅いやぎ座には、やまとなでしこ系女子がピッタリ。控えめでありながら芯がしっかりした女性となら、そのまま結婚まで進めるはずです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の男性にとって恋愛の優先順位はそれほど高くないはず。仕事や趣味に専念すると、彼女のLINEすら既読スルーするかもしれません。そんな自分を理解してくれる彼女との付き合いを、みずがめ座の男性は大切にします。とはいえ、何でも言いなりになる女性が好みというわけではなく、むしろ意見をハッキリ述べるタイプが好きです。彼氏にベッタリしないサバサバ系女子が合うでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の男性が恋愛で大切にするのは、心のつながりとスキンシップです。優しく思いやりが深いので、つねに寄り添うようなスタンスで彼女と接するでしょう。また、好きな人と触れ合ったり匂いを嗅いだりすることで安心するため、ハグやキスが大好きです。けれど、シャイでガツガツしたところがないうお座の男性は、自分からアプローチするのが苦手。リーダーシップがある女性と付き合うことが多く、しっかり者の彼女とは長く続くでしょう。©Nomad/gettyimages
©Deagreez/gettyimages