ヴィッセル神戸は黒星発進 J1が再開

©株式会社 サンテレビジョン

サッカーJ1は7月4日リーグ戦が再開され、ヴィッセル神戸はサンフレッチェ広島と対戦しました。

試合前のスタジアム周辺

2020年2月下旬の開幕直後、新型コロナで中断してからおよそ4カ月、J1は無観客での再開となりました。

スタジアムの外では取材陣の検温も実施。

選手は6月21日までにPCR検査で全員の陰性が確認されています。

再開にあたり、チームごとの入場や握手やハイタッチを禁止するなど、感染予防策が取られています。

リモートでの声援がスタジアムに響く中、元日の天皇杯で初優勝を飾った神戸は、リーグ戦でも初優勝を目指して広島と対戦しましたが、試合は0対3で再開後は黒星発信となりました。

Jリーグは7月10日から段階的に観客を入れて試合が行われる予定です。

また11日にはイオンモール神戸南の屋上駐車場で、車に乗ったまま試合を特大LEDビジョンで観戦する「ヴィッセル神戸ドライブインパブリックビューイング」が開かれる予定で、現在、事前の抽選申し込みが行われています。