震災教訓 親子支える防災手帖 陸前高田・子育て支援NPO

©株式会社岩手日報社

冊子とパラコードブレスレットを手に「災害に日頃から備えて」と呼び掛ける伊藤昌子代表理事

 陸前高田市の子育て支援NPO法人きらりんきっず(伊藤昌子代表理事)は、「きらりんの防災手帖」を発刊した。東日本大震災で活動拠点が全壊しスタッフ自身も被災した経験から、避難生活に役立つ知識をまとめた。各地でさまざまな災害が頻発する中、震災の教訓を伝え、子育て家庭の日頃の備えを啓発する。

 持ち歩きやすさを考慮したA5判、48ページ。同法人が昨年度に月1回開いた防災講座の内容を、スタッフ自ら温かなイラストを交えてまとめた。同手帖は800部製作。問い合わせは同法人(0192.47.3908)へ。