大丈夫か!? 営業再開の東京ディズニーリゾートに発熱状態の女性!?

©TABLO

写真はイメージ

7月1日、新型コロナウイルスによる影響で臨時休園していた東京ディズニーリゾートが営業を再開しました。

およそ4ヶ月ぶりの再開に多くのファンが歓喜する中、発熱状態で来園した人物がいたことが発覚し、ネット上で「営業妨害&テロ行為だから法的に処罰されるべき」「まじ出禁にしろこいつ」といった批判の声が集まっています。

発覚のきっかけとなったのは、1日にディズニーリゾートを訪れたと思われる女性が、自ら投稿したツイートでした。内容は『解熱剤飲んでディズニー来たはいいけど、最初の検温クリアして楽しくしてるところで解熱剤の効果切れてきたから全身ダルすぎるし、120%熱ある体調の悪さ』といったもので、体調不良や発熱症状を自覚していながら来園したことを明かしています。

これに批判の声が上がったのか、女性はその後、

『本当はディズニー行きたい気持ち抑えに抑えまくって大人しく在籍出勤してたなんて言えない…www そして36.5度のド平熱だったなんてもっと言えない…www』と投稿。発熱状態でディズニーリゾートに訪れたというツイートは嘘だったと主張します。

しかし、その前日には『38.2度の熱があったのに早退させてくれなかった』などと仕事に対する愚痴を投稿しており、来園の真偽はともかく、次の日に平熱だったという主張はかなり無理があるように思われます。

問題の人物はすでにTwitterアカウントを削除しているようですが、一連のツイートはスクショで拡散されており、ネット上では、

「笑えない冗談は悪意しかないわ。やっと再開したディズニーがまた休園になる可能性もあるやん…」

といった声をはじめ、

「嘘でも犯罪、本当なら犯罪級に大問題。言わないだけで他にもこういう人いるのかな?」

「まじ出禁にしろこいつ」

「俺コロナおじさんとなんら変わらないじゃん。ダメなんだってこういうのは」

「これ捕まらないんですか? やばそう」

「嘘なら営業妨害過ぎるから法的に処罰されるべきだし、本当なら営業妨害&テロ行為だから法的に処罰されるべき。てか、真偽とこの人の行動ルートを真面目に調べないと、最悪マジで陽性だったら、昨日今日来園してる人達恐すぎるでしょ…」

「ディズニーに訴えられないと良いね」

といった厳しい声が寄せられていました。

問題のツイートが本当であれ嘘であれ、かなり悪質であることは事実。

熱があったからといって、必ずしも新型コロナウイルスに感染しているとは言い切れませんが、体調不良を自覚しているなら他人にうつさない行動を心がけるべきです。(文◎絹田たぬき)