「住民が孤立」「家族と連絡取れない」 助け求める声相次ぐ 熊本県南豪雨、熊日SNSに

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本県南を襲った豪雨災害で5日、被災地の住民や離れて住む家族らから助けを求める声が熊本日日新聞社の公式フェイスブックとツイッター、「SNSこちら編集局LINE」に多数寄せられています。

 「芦北町の女島と海浦は孤立。給水にいけず、停電、断水続いています。暑さもすごく熱中症が予想されます。どうにか助けてくれませんか」「八代市坂本町の小さな集落ですが、いまだ連絡がとれず、家族の生死さえ分からない。高齢者が多く携帯もほとんど持っていない」「天草市牛深、河浦地区などで土砂崩れや浸水冠水で困っている方も多い」ー。

 寄せられた情報はこちらに市町村別にまとめています。いずれも未確認情報で、状況が変わる場合ありますので注意してください。これから雨が予想されています。十分に警戒してください。

https://kumanichi.com/0704gouu_info/