次こそは。

7/2 中日 4-2 阪神 (ナゴヤドーム)

©株式会社 サンテレビジョン

勝:岡野
S:R.マルティネス
敗:ガルシア

矢野監督はやはりメンバーを入れ替えてきた。
その中で、今季まだヒットが出ていなかった上本が結果を出してくれた。今まで打席も少なかったしね。とは言え、1本も出ていないままでは、しんどかっただろうな。
今日は上本が3塁にいるのをよく見かけた(笑)

初回のガルシアは、また我を失っていた。
坂本はこの日、ガルシアとのまさかの入れ替わりで登録抹消。
坂本落とすと、キャッチャーは2人になるから、原口を代打で使うことはできなくなる。

好調梅野がバッテリーを組んだが、初回、ガルシアは、ボールも自分も制御できずに苦しんでいた。
3番アルモンテにストレートのフォアボールを出し、一死1,2塁。
梅野、すかさずマウンドへ行ってガルシアをなだめたが、近寄って梅野が投げたボールの存在にも気付かず捕れないほど。

3回には酸欠状態になったとかで、一旦はベンチ裏へ下がる。
そんな状態なのに、初回の3失点以外、6回途中までよくぞ無失点に抑えたもんだ。

梅野が調子よくて今日もマルチ。
6番という打順、本来ならキャッチャーが担うところではないと思うのだけど、今は梅野以外におらん…
いつまでも梅野に甘えているようではいけないな。

9回表、不調のはずの福留さんが、代打でライトへ鋭いヒットを打った。
役者が違うというか、次元が違うというか。

無死1,2塁。これまた上がってこない近本にはバントのサインだったが2球続けて失敗。
ヒッティングのサインもポップフライになってしまった。近本がバットを叩きつけた。

あとヒットが出てないのは、高山と北條か。
ったく、いつまでも目が離せないチームだ。

[今日のマルテ]

試合後、4番として結果が出せなかったマルテが呆然として、ベンチから動かなかった。
ガルシアはそばにいて励ましていたように見えたが、ガルシアも頭を抱えて、マルテにその苦悩を吐露した。
励まして、励まされて、次こそは。