「あおり運転撲滅を」 宝塚北SAで警察官ら呼び掛け

©株式会社 サンテレビジョン

6月30日に道路交通法が改正され、あおり運転が厳罰化されたことを受け、兵庫県宝塚市では、警察官らがビラを配るなどしてドライバーに安全運転を呼び掛けました。

あおり運転防止のため配布されたチラシ

宝塚北サービスエリアでは、兵庫県警の警察官や宝塚市の観光大使など、およそ20人があおり運転に対する罰則などを記したチラシを配りました。

改正された道路交通法では、あおり運転に対する罰則が新たに作られ、高速道路上での停車などの危険行為は妨害運転罪が適用され、1回の違反で直ちに免許が取り消されます。

高速道路上では、車間距離が詰まりやすく交通トラブルが起きやすいということで警察官らはドライバーたちに注意を呼び掛けていきました。

このほか、衝突時の衝撃を再現するコーナーも用意され、訪れたドライバーたちは安全への意識を新たにしていました。