自公支持の80%超が小池氏に

都のコロナ対策評価、60%

©一般社団法人共同通信社

東京都知事選で再選を確実にし、関係者から花束を受け取る小池百合子氏(左)=5日夜、東京都新宿区

 5日投開票の東京都知事選で共同通信社が実施した出口調査によると、小池百合子氏は自民、公明両党の支持層の80%超を固め「支持する政党はない」とした無党派層の56.9%を押さえるなど、幅広く支持を集めた。都の新型コロナウイルス感染症対策を評価した人は60.7%で、うち79.6%が小池氏を支持し、勝利の一因となった。

 宇都宮健児氏を支援した立憲民主党の支持層は、45.9%が宇都宮氏に投票した。31.6%は小池氏、17.3%は山本太郎氏に流れた。共産党支持層は、宇都宮氏が60.9%を固めたものの、山本氏が18.4%、小池氏も16.1%を獲得した。