千鳥・大悟、西野未姫の“勘違い”なムード作りを絶賛

©エンタメプレックス

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は1日、ABEMA SPECIALチャンネルにて『チャンスの時間』#98を放送した。

この日の放送回では、元AKB48でタレントの野呂佳代、西野未姫、お笑い芸人の紺野ぶるま、タレントの若林亜希ら4人の女性ゲストがリモートにて出演し、男性が意外と知らない“女性の本音”を歌にして暴露する新企画「女性の本音を歌で伝えるグランプリ」を実施した。番組MCのお笑いコンビ・千鳥の大悟が「一番ためになった曲」は誰の曲なのか、審査した。

トップバッターには、「自分に自信のある男性に言いたい女子の気持ち」「きっと大悟さんもやってると思います」と曲紹介をする西野が登場。お家デートで、男性がムードを作るためにやりがちな“勘違い行動”への思いを込めた西野の歌に、千鳥は「素晴らしい!」と爆笑。大悟は「21歳とは思えない」と、絶賛した。

次に、若林は「男女共に経験したことのある“あるある”」と前置きすると、身ぶり手ぶりを交えながら情感たっぷりに渾身の一曲を披露。若林の歌に込められて衝撃告白に、ノブが「えー!うわ!これはまた名曲が出ました!」と大興奮する中、大悟も「非常に高度なことを言ってますね」と評価した。

そして3番手に登場した野呂は、これまでの西野、若林の作品に対して「もう下品ですね」と指摘すると、「女性は男性が思ってるよりもいろんな観点から男性をジャッジしてる。これはデートのときから始まってるので、そういうのもあるよっていうのを歌にしてみました」と、早速歌を披露しますが…。しっとりと歌い上げた野呂のまさかの告白に、大悟は爆笑しながらも、「めちゃくちゃ下品やないかい」とツッコミを入れ、ノブさんも「ひどいですよ、野呂さん」と声をあげた。

続いて、「女性と夜の営みをする時に、“抱いている”という感覚でしていませんか?決して、抱いているとは限らない。抱かれている可能性も十二分にあるということを分かっていただきたいなと…」と、思いを語る紺野の歌では、予想外すぎる“女性の本音”に驚愕の千鳥。

大悟が「先生ありがとうございました」と尊敬の眼差しを向ける一方、ノブは「パンチがすごすぎます」と、動揺を隠せない様子。

4人全員が一曲ずつ披露したところで、審査の時間が設けられますが、審査員を務める大悟は「レベルがちょっと高すぎて…」と決めきれず、それぞれがもう1曲ずつを披露することに。決勝戦となる2曲目では、さらに過激&衝撃的な“女性の本音”が次々明かされて…? 果たして、第1回「「女性の本音を歌で伝えるグランプリ」優勝は誰の手に!?

挑戦者たちの歌によって、知られざる“女性の本音”が明かされるたびに感心する大悟と、混乱して頭を抱えるノブの姿は必見。

番組ではさらに、グラビアアイドルの都丸紗也華をゲストに迎え、収録前の喫煙所でゲストに相談を持ちかけられた大悟がどんなアドバイスとするのかを検証する本番組の人気企画「大悟の人間性検証ドッキリ!」を実施した。

喫煙所にいる大悟のもとへ、「仕事とか恋愛とかで悩みごとがある時に、いつも占いに行っちゃうんですよ。占いで言われたことで“分かった”ってなって、自分で決断できない。自分で決断できるような女性になりたい」と、相談を持ちかけた都丸。そんな都丸の悩みに大悟は「もう答え出てるやん。行かなければいいやん」とズバリ答えますが、その後も次々と繰り出される大悟のアドバイスに対し、都丸はその意味を理解できず疑問だらけで…。「びっくりしたんよ、聞き直られたから」「響いてないねん」と、逆に大悟を困惑させた都丸のお悩み相談は「ABEMAビデオ」にて放送後7日間、無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV,Inc.