ネグレクト母を演じた長澤まさみ、「共感しようと思っても最後まで出来なかった」

©103R株式会社

長澤まさみが、役柄に共感できなかったことを告白したぞ!それは4日に都内で行われた主演映画『MOTHER』公開記念舞台挨拶でのこと。

少年による実際にあった祖父母殺害事件をベースにした衝撃作。毒親を演じた長澤は「共感しようと思っても最後まで出来なかった。“わからない事”っていうのもあるんだなと思った」と初めての感情が芽生えたようで「本当にこの作品を手放していいのかと、ここまで後ろ髪を引かれる感覚になった作品は初めて」と葛藤を明かした。

それに夫役の阿部サダヲは「こういう秋子みたいな役やお母さんという印象も無かったので、すごくびっくりしました。こういう役を演じる長澤さんと一緒にやれて良かったです。いいですよね、こういう長澤さん!」と太鼓判。

息子役の奥平大兼は長澤との共演に「学校でも“長澤さんかわいい”って言われていたので、そんな中で“長澤さんの息子役を演じることになりました”と言われても実感が無かった」といまだ信じられない様子。

一方の長澤は子役との共演に「素直で純真無垢。誠実なお芝居をするので、子供たちのおかげで私が役柄に対して悩んでる不安な思いには引っ張られず、本当に子供たちには救われました。子供たちから教わる事もあった」と感謝していたゾ。