外国人支援センター開所、東京

就労や法律の悩み一括相談

©一般社団法人共同通信社

オープンした外国人在留支援センターの看板と森法相=6日午前、東京都新宿区

 外国人の就労支援や法律相談などを担う8機関が集まった「外国人在留支援センター」(FRESC)が6日、東京都新宿区のJR四ツ谷駅前にオープンした。開所式で森雅子法相は「それぞれの組織で培ってきたノウハウを共有することで、今までにない素晴らしい在留支援をしてほしい」とあいさつした。

 センターには、出入国在留管理庁のほか、外務省、東京労働局、日本司法支援センター(法テラス)などの機関が入る。 相談はテレビ電話での通訳システムも使い、英語や中国語など11カ国語で対応。プライバシーへの配慮から、個室も用意している。