人吉温泉街は泥まみれ「客足戻り始めた矢先に…」 熊本県南部豪雨

©株式会社熊本日日新聞社

九日町通りの履物店に入り込んだ土砂をかきだす男性=5日正午すぎ、人吉市(高見伸)
青井阿蘇神社の境内に入り込んだ土砂を取り除く高校生ボランティアら=5日午後2時すぎ、人吉市(高見伸)

 暴れ川と化した濁流が街を丸ごとのみ込んだ。「信じられない」「球磨川の水位がここまで来るとは」。未曽有の豪雨災害から一夜明けた5日、市の中心部の大半が浸水した熊本県人吉市の街並みを歩いた。

 球磨川の右岸から50メートルほど離れた九日町通り。水はほとんど引いていたが、立ち並ぶ店の看板は泥をかぶり、信号機は消え、茶色一色に。「濁流が2階まできた」と老舗の履物店を営む益田啓三さん(70)。水が迫った4日午前9時ごろ、必死に隣の旅館の屋上によじ登った。「1965年の大水害でも漬かったのは1階まで。今回は比べものにならん」

 辺りには、流された車が縦に“逆立ち”していたり、テーブルが街灯の明かりに引っ掛かっていたり…。背筋が凍るような光景だ。

 飲食店街では、雨の中、テーブルやいすを表に出し、泥をかき出す姿が見られた。洋風居酒屋を営む東一男さん(58)は「もう失うものは無くなった」と、泥だらけの店内を見渡し、力なく笑った。新型コロナウイルスの影響で遠のいた客足が、ようやく戻り始めた矢先の被災。「昨日もたくさん予約が入っていたのに…」

 温泉旅館や球磨焼酎の蔵元も被害を受けた。国登録有形文化財に指定されている木造の芳野旅館は1階の大部分が浸水し、「復興まで1年以上かかるかもしれない」と田口善浩専務(46)。繊月酒造は蒸留設備などは無事だったが、商品が浸水し軒並み出荷できなくなった。

 中心街から球磨村方面に球磨川を約2キロ下ると、全長約200メートルの西瀬橋の一部がぷつりと途切れていた。「頑丈そうな鉄橋が、まさか流されるなんて…」。左岸脇に住む主婦の塩田ひとみさん(70)は声を震わせた。人気アニメ「夏目友人帳」のモデルにもなり、写真を撮りに来るファンも多い。「普段はとってもきれいな場所。復旧はいつになるのか」と不安げ。

 降り続く雨の中、懸命に作業するボランティアの姿も。南稜高1年の荒木詠音さん(16)は友達3人と浸水した商店の片付けを手伝った。「少しでも力になりたい」と泥だらけの顔をぬぐった。

 国宝・青井阿蘇神社の社殿は床上浸水したものの、大きな損傷は無かった。ここでも中高生約50人が、泥かきに当たっていた。その姿を見詰めながら福川義文宮司(56)は「人吉は大変な状況になってしまったが、若者の行動に復興の可能性を感じた」と力を込めた。(河北英之、小山智史、吉田紳一)