東証、午前終値2万2612円

アジア株高追い風で続伸

©一般社団法人共同通信社

 週明け6日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。上げ幅は一時300円を超えた。ハイテク関連株の一角に成長期待から買い注文が入ったほか、円安ドル高進行が好感された。6日の上海、香港のアジア株が大幅に上昇する場面があり、追い風となった。

 午前終値は前週末終値比306円24銭高の2万2612円72銭。東証株価指数(TOPIX)は18.56ポイント高の1570.89。

 IT製品の需要拡大や、中国での自動車販売の持ち直しが期待された。一方、新型コロナウイルス感染症は日本でも陽性者の報告が連日相次ぐ。感染拡大への警戒感はなおくすぶった。