ネットの本気を見せたHIKAKIN、コロナ禍で立ち上げた寄付窓口が終了、3.7億円集まる

©BuzzFeed Japan株式会社

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人気YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)さんが立ち上げた医療分野に特化した寄付窓口「命を守る人を支えたい コロナ医療支援募金」の寄付総額が7月6日、発表された。

総額は、約3億7000万円で、およそ22万人が寄付したという。

UUUM提供

この企画は、ヒカキンさんが「長期間にわたり最前線で尽力されている医療従事者を支援したい」と呼びかけ、Yahoo! JAPANが運営する非営利団体「Yahoo!基金」と共同で生まれた。

「いち早く、そして少しでも多くの支援を現場に届けること」を第一に考え、5月21日から6月30日までの期間で寄付を受け付けた。

立ち上げにあたり、ヒカキンさんは自身のYouTubeチャンネルで動画を公開し、「ネットには本当にたくさんの人を巻き込む力があると信じています。今回、YouTuberの本気とネットの本気を出し切りたいです」と意気込み、自らも1億円を寄付したことを明かしていた。

ヒカキンさんによるコメント

ヤフー

集まった寄付金は、下記の使い道が提示されている。

1.東京都などの自治体を通じて、医療現場にマスクや消毒液、防護服などの医療用品を配布

2.医療従事者のニーズに応じた活動を行うNPOへの支援

3.感染防止の活動を行うNPOへの支援

これら以外にも、いつ収束するかわからない新型コロナウイルスの状況を鑑み、その都度必要な支援をしていくという。

ヒカキンさんは、次のようにコメントしている。

今回のプロジェクトを開始した時点では、ひょっとしたら、感染拡大状況の収束が見えてくるのかな、と思っていました。

しかし、1ヶ月経った現在の状況を見ますと、従来のような日々に戻ることは今すぐには難しいと感じていますし、むしろこれからからのひとりひとりの行動が大切になると思っています。

そして、寄付だけでなく、各自で感染予防していくことも医療関係者への応援にもつながります。

一刻も早い収束に向かうよう、これからも僕なりにできることがあれば、やっていけたらと思います。

今回、僕からの呼びかけに、想像を遥かに超えるたくさんの皆さまにご協力いただけたことを、大変嬉しく思っています。