宝探しのように楽しめる!アイスダンス「コレオグラフィックエレメンツ」とは?

©株式会社フジテレビジョン

フジテレビフィギュアスケート班が 「アイスダンス LESSON WEEK」配信

7月1日より、いよいよ2020-21シーズンに向けて動き出したフィギュアスケート界。新型コロナウイルス感染拡大防止のために活動が中止になった前シーズンを受け、フジスケ動画では3月末からさまざまな動画を配信してきたが、このたび「アイスダンス LESSON WEEK」と題した特別動画を公開。さらにアイスダンスを学ぶ6回連続の動画も配信中だ。

フジテレビスケート中継でカップル競技を担当する“スーさん”こと鈴木芳彦アナウンサーが、日本スケート連盟強化スタッフでアイスダンスのジャッジも担当する五島千寿(ごとう・ちず)さんを特別ゲストに迎えてトーク。

アイスダンスの現状からルールまでが短期集中で学べる、初心者にもうれしい連載企画となっている。

LESSON6は、「コレオグラフィックエレメンツ」(※)について、知っておくべきポイントを紹介している。

※コレオ…ステップ、ターン、ジャンプ、スピンなど、あらゆる種類の動作から構成される要素(エレメンツ)のこと。基礎点+出来栄え点(GOE)で評価される。

「アイスダンスLESSON WEEK」の記事はこちら!

アイスダンス LESSON WEEK #6 コレオグラフィックエレメンツ

鈴木アナ:「コレオグラフィックエレメンツ」というのがありますよね。これは結構、ぼやっと見てしまう人たちが多いのではないか、と思いますが?

五島さん:どこが「コレオ(グラフィックエレメンツ)」だったのか、わかりにくい上に、シニアの場合、3つやらなくてはいけないから、宝探しゲームのような感覚で探していただくのがいいかなと思います。

コレオグラフィックエレメンツは5種類

五島さん:5つある中で、まずは「コレオグラフィックダンスリフト」。これはわかりやすいと思いますね。3秒以上、10秒以内のリフトです。

五島さん:次は「コレオグラフィックスピニングムーブメント」。これは、2回転以上のスピンです。どんなスピンでもよくて、一人が回っている間にパートナーが周りを旋回するというような形もあります。

五島さん:そして「コレオグラフィックツイズルムーブメント」。これは、2人で同時に回らなくてはいけない。なので、きっかけとして2人同時に回っていれば、ここが「コレオ」なのかなと判断できます。

五島さん:あとは「コレオグラフィックスライディングムーブメント」。これは非常にわかりやすいし、ハイライトになるような動きですよね。

鈴木アナ:はい。スライディングしているんですよね、これは。

五島さん:そうです。

五島さん:最後は「コレオグラフィックキャラクターステップシークエンス」。これは、やらなくてはならない場所が決まっていて、リンクのセンターライン。ジャッジ側からでもいいですし、その逆からでもいいのですが、リンクの真ん中、中央でやったらそれが「コレオグラフィックキャラクターシークェンス」なんだなと見ていただけると思います。

五島さん:この「コレオグラフィックエレメンツ」のGOE(出来栄え点)が高い人が、結果的にフリーを制します。

五島さん:音楽とテーマ、その融合。それがコレオに入ったり、リフトに入ったり、要素が入ってくるからこそGOEに反映され、GOEが高くなれば当然プログラムコンポーネンツ(演技構成点)にも影響するわけですから。

「コンセプトが強いチームが結果的に上に行く」と話す五島さんは、「めちゃくちゃかっこいい」と絶賛する、2シーズン前(2018-19シーズン)のライラ・フィアー&ルイス・ギブソン組(イギリス)のプログラムを具体例に挙げ、何が良かったのか、そこでの「コレオグラフィックエレメンツ」の重要性を解説していく。

観客が総立ちになったというプログラム!NHK杯でのごぼう抜きエピソードも紹介

<復習ポイントはこちら!>

アイスダンスの「コレオグラフィックエレメンツ」が分かる動画は、こちらからチェック!