豪雨、激甚災害指定へ被害調査

菅氏、1週間後に公表

©一般社団法人共同通信社

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、熊本県南部などでの豪雨被害に関し、激甚災害の指定に向けて被害状況の調査を進めていると説明した。「1週間後をめどに、指定基準を満たすものがあれば、速やかに指定見込みの公表をしたい」と述べた。政府関係者は、熊本県以外でも被害が確認された場合、一体的に対応する方針も示した。

 菅氏は調査範囲に関し「被災した箇所の全てを対象にしたい」と強調。早期復旧、復興のために「被災自治体が財政面で不安を持たずに、早期に事業を実施することが極めて重要だ」と語った。