岡山などで追悼式

平成最悪、西日本豪雨から2年

©一般社団法人共同通信社

14府県で災害関連死を含めて296人が亡くなり、平成最悪の水害をもたらした2018年の西日本豪雨で、最初の大雨特別警報が出て2年となった6日、広島や岡山の被災地で追悼式が開かれた。被害が集中した岡山、広島、愛媛3県では、今なお4300人が仮設住宅などでの仮住まいを強いられ、息の長い支援が求められる。