綾野剛&星野源共演「MIU404」に「アンナチュラル」の刑事コンビが登場!

©株式会社東京ニュース通信社

綾野剛と星野源がダブル主演を務める、TBS系連続ドラマ「MIU404(ミュウヨンマルヨン)」(金曜午後10:00)の、7月10日放送・第3話に、2018年1月期に同系で放送した「アンナチュラル」に西武蔵野署の刑事役で出演していた大倉孝二と吉田ウーロン太が、同じキャラクターの毛利忠治刑事、向島進刑事としてゲスト出演することが決定した。

ドラマは、「アンナチュラル」も手掛けた野木亜紀子氏のオリジナル脚本で、警察内部で“何でも屋”とやゆされながらも、犯人逮捕にすべてを懸ける初動捜査のプロフェッショナル・機動捜査隊(通称・機捜)が、24時間というタイムリミットの中で事件解決を目指す物語。機動力と運動神経はピカイチだが、刑事の常識に欠ける“野生のバカ”伊吹藍(綾野)と、観察眼に優れた理性的な刑事・志摩一未(星野)がバディとして事件を解決していく姿が描かれる。

第3話では、伊吹や志摩ら4機捜のメンバーが、西武蔵野署管内で続発するわいせつ事件、そしてその事件の捜査をかく乱するように頻発するイタズラ通報の捜査に乗り出す。もともとは3機捜のヘルプで入った4機捜だが、西武蔵野署からの正式な捜査協力依頼を受け、毛利や向島とタッグを組んで事件に隠された真相を追うことになる。

両作を手掛ける新井順子プロデューサーは、「『MIU404』と『アンナチュラル』の世界はつながっていて、どこかで三澄ミコト(石原さとみが演じた『アンナチュラル』の主人公)も生きていると思っている」と話している。

大倉は「西武蔵野署の毛利刑事という役をやらせていただくことになりました。これは以前、『アンナチュラル』というドラマでやらせていただいた役でして、お話をいただいた時は意味がよく分かりませんでした。いまだによく分かっていませんが(笑)、勝手に受け取った有難みをかみしめながら、ドラマに貢献できるよう励みたいと思います」と意気込みを語る。

「まさか『アンナチュラル』の世界線とリンクしてるとは」と驚いた様子の吉田は、「僕が向島役じゃなくても興奮します。『アンナチュラル』は17年に撮っていたので、3年も前の役ができるかなあと、やや不安でした。でも今回『MIU404』の台本を読んで『そうだそうだ、向島はこんなこと言うやつだった』と思い出しています。現場で大倉さんにお会いして『そうだそうだ、こんな上司だった』と思い出しました。ご覧になる皆さんの心にも『そうだそうだ』がこだますることを願っています」とメッセージを寄せている。