久本雅美「お前ら何様?」絶賛ブレイク中の人気芸人に対しガチギレ…鬼の形相にスタジオも凍りつく

©株式会社ジーンステイト

画像:時事

4日に放送された「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系列)。

同番組に出演したお笑いカルテット「ぼる塾」が、仕事へのこだわりを明らかにしました。

しかし、その内容にスタジオはあ然。

同番組MCのお笑い芸人・久本雅美さんからは、「おまえら何様?」と苦言を呈される場面が。

スタジオを震撼させた。ぼる塾の活動スタイルとは?

久本雅美「おまえら何様?」絶賛ブレイク芸人の態度にガチギレ?スタジオがあ然としたワケとは?

4日正午に放送された「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系列)。

この日、同番組にゲスト出演したお笑いカルテット「ぼる塾」が、芸能活動へのある「こだわり」を明らかにしました。

昨年12月に結成したばかりの同グループ。

Youtubeでの活動が口コミを呼び、最近では地上波への出演も増加し、ネクストブレイク芸人として期待がされています。

しかし、テレビ出演にあたって3つの「NG」を出しているのだとか。

それは、「大食い」「水着」「体を張る」ということの3つ。

楽しく食事をするポリシーのため大食いはダメ、肌は好きな人にだけ見せたいから水着はダメ、楽しくないから体を張るのダメと、仕事をするにあたって制約を設けているのです。

さらに放送時には、これら3つのNGに加えて、「虫などのゲテモノもダメ」とNGが増えたのだとか。

この制約だらけの活動に、スタジオの共演者は驚きを隠せない様子。

「虫とかたくさん食べてきた」と、タレント・藤田ニコルさんはあ然とし、女性芸人の先駆け的存在である同番組MCの久本雅美さんも、一定の理解をしつつも「おまえら何様?」と苦言を結果になりました。

しかし、番組の視聴者はスタジオと違う意見を感じたよう。

「イヤなものイヤという姿勢、ぼる塾推せる」

「無理やりイヤなことさせて笑いを取るやり方は古い。ぼる塾は革命を起こせるかもしれない」

などと、ぼる塾の芸能活動へのこだわりに賛同の声が多く集まったのです。

イヤなものはイヤだと主張できるようになった現在、それに伴ってハラスメントの認知数は急増してきました。

ぼる塾のこの姿勢は、芸能界に新しい風を巻き起こすものになるかもしれません。

 

若手芸人に増加している「NG」項目?あの人気芸人にも…

たくさんのNGがあることが明らかになったぼる塾。

しかし最近、お笑い芸人の中にはテレビ出演する際に、あらかじめ「NG」があることを伝えている芸人が増加しています。

そのうちの1人であるのが、EXIT・りんたろー。さん。

りんたろー。さんも、高所がダメ、辛い物がダメ、裸がダメなど、様々なことにNGを出しています。

実際、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系列)で、逆バンジーをさせられるドッキリ企画にあった時には、「もう出演しない」と激怒したこともありました。

過去、お笑い芸人の中には、無理やり体を張ったことで大怪我をしてしまう事例も。

若手芸人による「NG項目の」増加は、一種の自己防衛なのでしょう。

以前は爆笑をかっさらったリアクション芸も、今は昔の話になりつつあります。

バラエティ番組の改革の時が迫っているのかもしれません。

(文:有馬翔平)