「7日明け方にかけて最大級の警戒が必要」

©一般社団法人共同通信社

 気象庁は6日、大雨特別警報の発表を受けて臨時記者会見を開き「福岡、佐賀、長崎の各県で土砂災害や洪水の危険度が高まっており、7日明け方にかけて最大級の警戒が必要」と呼び掛けた。