中国、改革派学者を拘束

コロナ対応でも習氏批判

©一般社団法人共同通信社

許章潤氏

 【北京共同】中国で改革派学者として知られる清華大の許章潤氏が6日、公安当局に拘束されたことが分かった。関係者が明らかにした。許氏は個人独裁色を強める習近平国家主席を非難し、大学当局から教授職の停職処分を受けていた。新型コロナウイルス感染症の対応を批判する文書も発表していた。

 関係者によると、6日午前、北京郊外の自宅を公安当局者が訪れ、許氏を連行した。四川省の公安当局から家族に対して、同省成都で買春をした疑いがあるとの連絡があったという。

 許氏は国家主席の任期規定を撤廃する憲法改正に反対し、文書を発表。19年、教授を務める清華大の当局から停職処分を受けた。