リンゴ・スターが、ビートルズの新ドキュメンタリー映画『Get Back』について語る「僕たちが楽しそうに、遊んでいる姿があった」

©ユニバーサル ミュージック合同会社

リンゴ・スター(Ringo Starr)が、ザ・ビートルズの新たなドキュメンタリー映画『The Beatles Get Back』の感想や仕上がりについて語っている。ピーター・ジャクソンが監督を務めた同映画は、ディズニーを配給元として、アップル・コア(Apple Corps Ltd.)とWingNut Filmsによって2020年9月に公開が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、現在は2021年8月21日へと公開が延期されている。

リンゴ・スターは今週7月7日(日本時間8日午前9時)に自身の80歳の誕生日を祝うスペシャル・イベント「Ringo’s Big Birthday Show」を公式YouTubeで開催することを発表するためにオンライン記者会見を行った。ザ・ビートルズのアルバム『Let It Be』の制作中に撮影された数十時間もの映像を基に編集されたこの映画のハイライトとも言える、バンドのラスト・ライヴとして有名な“ルーフトップ・コンサート”の映像の中に、ピーター・ジャクソンによる新たな解釈を見たことを明かしている。

「まだルーフトップ部分しか観ていなかった」

「ピーターが編集した映像はルーフトップ部分しか観ていなかったので、(映画の公開が延期になって)がっかりしました」とリンゴ・スターは語り、今作が、マイケル・リンゼイ=ホッグ監督による1970年の映画『レット・イット・ビー』の内容を大きく発展させ、同アルバム・セッションに、新たな、よりポジティヴな光を投じていると述べた。

さらに、リンゴ・スターは以前の映画『レット・イット・ビー』のルーフトップ・コンサートの編集について言及し、「前は10分くらいに編集されていたと思うんですが、この新たな作品では36分にもなっていたのには驚きました…彼は独自の視点でこのドキュメンタリーの残りの部分もまとめあげたんです」と述べている。

「それをいかようにも編集することができる」

「ご存知の通り、事の発端は(当時撮影していた)56時間もの未公開映像が見つかったことでした。ですから、僕たちはそれをいかようにも編集することができる。以前に公開されていた作品は、少しどんよりしていて、当時の僕たちの間で起こった出来事のあるひと場面に固執しているな、と僕はずっと感じていました」

そしてリンゴ・スターは、ピーター・ジャクソンとのミーティングについてこう説明している。「彼がLAに来る時、彼がiPad Theater(映像を共有できるアプリ)を持ち出して、“見てください、みんな笑ったり、ジョークを言ったりしているでしょう”って僕に映像を見せてくれたんです。そこには僕たちが楽しそうに、遊んでいる姿があった。そう、あの頃の僕たちはいつも遊んでいて、もっとたくさんの喜びがあったんです」。

最後に彼は、ピーター・ジャクソンが今年2月以降、作業のためにスタジオに復帰できていないことも明かしていた。

Written By Paul Sexton