【新型コロナ】相模原納涼花火大会、今年は中止 代替イベント検討へ

©株式会社神奈川新聞社

夜空を彩った1万発の花火=相模原市中央区水郷田名(同市提供)

 相模原市は6日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年の相模原納涼花火大会を中止すると発表した。

 例年同市中央区水郷田名の相模川河川敷で開かれ、今年は五輪期間を避けて秋以降の開催を検討していた。実行委員会では今後、花火大会名を冠した代替イベントの実施を検討していくという。

 昨年の同花火大会は約1万発を打ち上げ、約19万人が来場した。