3カ月遅れで入社式 YKK AP、黒部メインに12会場

©株式会社北日本新聞社

YKKAP入社式のメイン会場=YKK50ビル

 YKK APは6日、新型コロナウイルス感染拡大防止のために延期していた黒部会場での入社式を開いた。例年より約3カ月遅れの開催。YKK50ビル(黒部市吉田)をメイン会場に県内中心の12会場をオンラインでつないで開き、新入社員156人が参加した。

 堀秀充社長がオンラインで「皆さんと一緒に成長し、世界で活躍できる存在感のある建材メーカーにしたい」とあいさつ。メイン会場には32人が出席し、新入社員代表の鈴木奈美さんが答辞を述べた。

 対象の新入社員はこれまでオンラインで研修を受けており、今後は現場での研修となる。

 同社の本年度の新入社員は328人(前年比42人増)。黒部会場以外では、採用エリアをまたぐ移動を伴わない新入社員を対象に、全国13会場で4月に入社式を行っている。