★2020年下半期占い★星とルーンで見る12星座別占い~牡牛座(おうし座)の運勢~

©ジグノシステムジャパン株式会社

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする「星とルーンで見る12星座別占い・2020年下半期の運勢~牡牛座(おうし座)~」。あなたの運勢は……?

2020年上半期は予期せぬウィルスに世界中が翻弄され、生活スタイルや働き方にも大きな変化が起こりました。これも時代の節目という点で、私たちの生活や価値観に大きなインパクトとなったに違いありません。

年末には、20年に1度の「グレート・コンジャンクション」=“土星と木星が重なるめずらしい天体現象”が起こります。

これまでの「地の時代」を象徴する物質的豊かさを重視する考え方から、個性を重視する「風の時代」へと移り変わります。

7月2日に土星が逆行をはじめ、年末の「グレート・コンジャンクション」に向けて最後の調整に入るような下半期。この時期をいかに過ごすかによって、2021年の「風の時代」を気持ちよくスタートできるか、大きく左右されそうです。

★おうし座★
2020年下半期は、「思い切って行動する」とき。やったことのない分野にも果敢に挑戦していくことが、大きな飛躍につながりそうです。強い意志と思い切りが必要な星回りになりそう。

仕事面では、夏の終わりから秋にかけて運気が上昇していく暗示。転職を考えている人は、より専門性を磨いて外資系企業などに視野を広げてみるのもアリです。

恋愛面では、星が“夏の終わりの恋”を応援してくれそうです! 自分から積極的に動くことが、恋のチャンスをつかむ秘訣。10月、11月後半も恋愛運がアップします。先入観を持たずに視野を広げると交際などのチャンスも。

<お守りルーン>
2020年下半期のあなたを守ってくれるルーンは、優しさや創造性を示す「ラーグ」。大切に温めてきた願いは、時間がかかったとしても叶うはずです。願いは叶うと強く信じて祈ることが、幸運の扉を開くカギになりそうです。

■監修者プロフィール: 真龍人(マリユドゥ)
20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。占いコンテンツ「琉球龍神歴」の監修も手掛ける。2019年に拠点を沖縄県へと移し、占星術と霊感タロットを組み合わせお客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。LINEトーク占いを中心に活動中。
Webサイト:https://selene-uranai.com/