暴言「分かるだろう」…怒鳴られた部下数人が報告 朝霞駐屯地、上司を停職1日に「指導の一環だった」

©株式会社埼玉新聞社

陸上自衛隊の朝霞駐屯地

 陸上自衛隊朝霞駐屯地は6日、勤務中に部下に暴言を吐くなどしていたとして、同駐屯地陸上総司令部所属、40代の1等陸佐男性を停職1日の懲戒処分にした、と発表した。

 同駐屯地によると、今年1月ごろから4月ごろまでの間、同駐屯地内の執務室で、陸曹など同部の部下数人に「陸士でも分かるだろう」と大声で怒鳴るなど威圧的な言動を重ね、部下らに精神的苦痛を与えた。被害を受けた部下らが4月、防衛省パワハラホットラインに報告。同司令部が調査したところ、1等陸佐が事実を認めたため、自衛隊法に抵触するとして懲戒処分にした。

 1等陸佐は「指導の一環でやった」と話しているという。