米で石油パイプライン停止命令

地裁、先住民族が反対運動

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】米首都ワシントンの地裁は6日、米中西部の石油パイプラインを30日以内に停止するよう命じた。環境影響調査の手続きが違法だったと判断した。先住民族らが環境への影響を懸念し、反対運動を起こしていた。石油産業を振興するトランプ政権にとっては打撃となる。

 パイプラインは「ダコタ・アクセス・パイプライン」。全長1800キロ超で中西部のノースダコタ州からイリノイ州を結ぶ。建設地の湖は先住民族が貯水池に使用。米陸軍工兵隊が米エネルギー会社エナジー・トランスファー側の土地使用を許可した。

 エナジー・トランスファーは判決を不服として上訴する意向を示した。