報道関係者も入場制限 

三重テレビとNHK津が共同制作

©三重テレビ放送

三重県高校野球夏季大会では、新型コロナウイルスの感染防止対策として、三重テレビとNHK津放送局が決勝戦を共同で制作することになりました。

大会には、2つの連合チームを含む60チームが出場し、新型コロナウイルスの対策として無観客での開催となります。

報道関係を含む大会関係者らの入場も制限される中、三重テレビとNHK津放送局は、大会の決勝戦を共同で制作することになり、6日に三重テレビの長江正社長とNHK津放送局の舘健造局長が協定書に署名しました。

球場から送られる同じ映像をもとに、それぞれの局のアナウンサーによる実況でお伝えします。

大会は7月11日に開幕し、日程が順調に進めば8月2日に決勝が行われます。

三重テレビでは、松阪球場で行われる全ての試合を実況生中継で、伊勢球場で予定されている全試合の模様をインターネットサイト「バーチャル高校野球」でライブ配信することにしています。