アイスダンス 小松原&コレト組インタビュー 強みは「夫婦のリアルなコミュニケーション」

©株式会社フジテレビジョン

フジテレビフィギュアスケート班が 「アイスダンス LESSON WEEK」配信

7月1日より、いよいよ2020-21シーズンに向けて動き出したフィギュアスケート界。新型コロナウイルス感染拡大防止のために活動が中止になった前シーズンを受け、フジスケ動画では3月末からさまざまな動画を配信してきたが、このたび「アイスダンス LESSON WEEK」と題した特別動画を公開。さらにアイスダンスを学ぶ6回連続の動画も配信中だ。

「アイスダンスLESSON WEEK」の記事はこちら!

今回は、フジテレビスケート中継でカップル競技を担当する“スーさん”こと鈴木芳彦アナウンサーが、 「全日本フィギュアスケート選手権」 アイスダンス2連覇中の小松原美里選手&ティム・コレト選手を直撃。

夫婦カップルとしても知られる “ TEAM KOKO”の2人に、自粛期間中の生活や、今季への思いを聞いた。

アイスダンス LESSON WEEK 小松原美里&ティム・コレト組インタビュー

鈴木アナ:最近の練習状況はいかがですか?

小松原選手:(練習拠点の)岡山県は、感染者数が少ないので、皆マスクをつけて距離感を保ち、消毒や手洗い、うがいをしっかりしながら、滑ることができています。

鈴木アナ:練習に影響はありましたか?

小松原選手: (今年3月の)世界選手権(「世界フィギュアスケート選手権」)が中止になって、その時はカナダのモントリオールにいたのですが、そこから8週間自宅待機をしました。なかなか長かったですね。

「世界選手権」の中止を聞き、息が止まって泣いた

鈴木アナ:世界選手権の開催中止を聞いた時は、どんな思いでしたか?

小松原選手:発表を聞いた時、ちょうど(コーチの)マリー=フランス・デュブレイユと氷の上で練習していたんですが、珍しく氷の上に私たちとコーチしかいなくて。同じチームのスケーターに「中止になったよ」と言われた瞬間は、みんなちょっと息が止まって、泣いていましたね。複雑というか、安心もするし…新しい気持ちでした。

コレト選手:昨シーズンは、ケガがあったのですごく難しかったのですが、四大陸(「四大陸フィギュアスケート世界選手権」)からはよく練習できたので、見せたかったという思いがありました。本当に残念です。

鈴木アナ:今年は、特におふたりの世界選手権のフリー(ダンス)の演技を見たかったです。やはり、フリー進出への思いは強かったですか?

小松原選手:めちゃくちゃ強かったですね。「リズムダンス」すごく追い込んで練習していました。

コレト選手:(使用する予定だった)曲は、カップルを組んだときから使いたいと思っていたので、世界選手権でいい演技を見せたかったです。

「フリーの演技を見たかった」と言われ、笑顔になる小松原選手&ティム選手

鈴木アナ:自粛期間中に練習はできましたか?

小松原選手:カナダでは、外出はスーパーに行くくらいで、それも人数制限があったので、ずっと家の中で…。チームがメニューを組んでくれて、ヒップホップやバレエ、コアを鍛えたり、普段よりも増して家の中でできる陸トレをやったりしていました。

コレト選手:日本でも、オンラインでヒップホップ、バレエ、社交ダンスなどをカナダの先生たちと一緒に続けることができたので、安心しました。岡山では、氷の上の練習もできるので、少しずつ毎日戻る感じが大事だと思っています。

髙橋大輔選手のアイスダンス参入は「すごく楽しみ」

鈴木アナ:2020-21シーズンは、髙橋大輔選手がアイスダンスに参入します。注目されると思いますが、どんなお気持ちですか?

小松原選手:(髙橋選手は)昔から目標としていた、自分がスケートを始めたときからスターだった選手なので、その選手が自分のやってきたことに挑戦する、魅力を感じてくれた、ということはすごく嬉しいです。

ただ、先輩だからと遠慮せずに、自分のできることをして、ベストを尽くして、しっかり戦っていきたいなと思います。

コレト選手:すごく楽しみにしています。僕はシングルの時、コロラドスプリングスでの四大陸世界選手権で、目の前で大輔選手を見ることができて、とても感動しました。今度は一緒に滑ることができるので、本当に楽しみにしています。

鈴木アナ:改めて、“TEAM KOKO”のストロングポイントを教えてください。

小松原選手:技術面では、身長差があるので大きな「リフト」ができます。本当はナチュラルな回転方向が個々に違うんですが、二人で練習することによって、両方のスピンやリフトができたり、バランスがいいところ(が強み)かなと思います。

演技の部分では、夫婦カップルとして、リアルなコミュニケーションを氷にもっていけたらなと思います。

鈴木アナ:今シーズンは、「北京冬季オリンピック」のプレシーズンということになりますね。

小松原選手:自粛期間中は、先生とプレシーズンに使う曲の話をしていました。最初はこんなに(自粛が)長引くと思っていなかったので、「フリーを変えよう」と話をしていて…。曲も決まって、本当にいい作品で自分たちの集大成にしようとしていたのですが、まずは昨シーズンの曲を継続することに。ただ、内容をどんどん変えていて、しっかり戦える、順位をつかめるように練習しています。

コレト選手:今シーズンは、本当にどうなるかなと思っていますが、目指す道はあまり変わらないと思います。昨シーズンの曲を継続することになりましたが、「新しいバージョンを作りたい」という気持ちを持っているので、楽しみにしています。

今シーズン「集大成となるプログラムを完成させたい」

鈴木アナ:プログラムもバージョンアップするとのこと。今季はどんなシーズンにしたいですか?

小松原選手:昨年、自分がケガをしたことによって、たくさん“成長せざるを得ない”部分がありました。周りの方がいかに支えてくださったかもよくわかったし、ティムとの絆も深まったと思うし、同じプログラムを違うバージョンでできるということは、本当に、神様に“良い時間”を与えてもらったなと思いました。

集大成…このプログラムを完成させたいという思いと、しっかり日の丸を背負って、できる限りのベストを尽くしたいと思います。

鈴木アナ:今は(ケガをした)脳しんとうの影響などはないですか?

小松原選手:バッチリです!

コレト選手: いつ出場できるか、国際大会が行われるかどうかもわかりませんが、2つのプログラム、いい演技を見せたいと思っています。昨シーズンはあんまり思うようにいかなかったので、その方向に集中したいです。

特に「リズムダンス」は、すごく大事だと思います。ここを良くすれば、フリーに進めることができる。オリンピック出場権を得るためにも大切だと思っています。

小松原選手は現在の体調について「バッチリです!」

ほか、小松原選手はルール変更について、コレト選手は、日本国籍取得のための帰化申請を行っていることについても言及している。

最後に、小松原選手はコロナ騒動を経て「スケーターだけでは大会はできないんだなということが改めてわかった」と語り、観客や支えてくれる人々へ感謝のメッセージを送っている。

【全日本選手権2019】アイスダンス 小松原&コレト組 けが乗り越え2連覇の裏側語る 動画はこちら

インタビュー動画はこちらから!