木下優樹菜“電撃引退”タピオカ店謝罪ナシ報道に怒濤の呆れ声殺到!

©株式会社日本ジャーナル出版

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月1日に活動再開を表明したばかりのタレント・木下優樹菜が、わずか5日後の6日、芸能界を電撃引退することを発表。

その余波は計り知れず、ネットは騒然、驚きのコメントが殺到し続けている。

《渡辺麻友芸能界引退からの手越祐也ジャニーズ退社、木下優樹菜の芸能界引退はビックリ》
《脱ぎ仕事とか提案されたのかな。やらないなら引退しろ的な 妄想です》
《「今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し」こりゃ何かモメたな?》
《事務所総出で行ってやるよとか脅してたけど、全然事務所に大事にされてないじゃん》

元夫の〝フジモン〟こと『FUJIWARA』藤本敏史は吉本興業のニュースサイト『ラフ&ピースニュースマガジン』に、《今後も子供たちを含めて支えてまいります》とコメントし、メディアに対して《彼女は、本日をもって、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活のためにも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします》と呼び掛けた。

そこで注目されたのが、そもそもの活動自粛原因となったタピオカ店への恫喝騒動。引退発表後に『デイリースポーツ』が店主へ取材したところ、驚きの事実が明らかになった。

「信じられない」「人として終わってる」

同紙によると、店主は当初、「何も言えないし、何も聞いてないし、何も話すこともない」と沈黙していたが、「(引退は)ニュースで知りました。(事前に)何も聞いていないし、別にそうなんだという感じ」と語ったという。

そして、騒動の原因となった恫喝への謝罪についても語り、「ないです。1回もない」「報道ではすごい向こうから(謝罪を)働き掛けているみたいな言い方されているけど、一切それはないです」と告白。しかも「フジモンと(木下の)お母さんが来られたのは事実です。(騒動の)最初のころに電話が1回かかってきたのは事実だけど、それ以降は1回もかかってきていないです」と明かしたという。

この顛末がヤフーニュースに掲載されると、ネット上には呆れ声があふれることに…。

《まず本人が一度も謝罪に訪れていないことがあり得ない。信じられない。人として終わってる。旦那とお母さんが謝罪に行くのにつれていかないことも信じられない》
《事務所としては、今後の芸能活動のことも考え、木下に謝罪させて和解に持ち込みたかったはず。でも当の本人が反省もしてなければ謝罪もしない。だったらもう好きにしろって事務所もサジを投げたのかもね》
《謝罪したくない、でも事務所にも見放された。そりゃ引退するしかないわな》

タピオカ騒動が解決しないまま芸能活動を再開しても、ブーイングを浴びるだけだったのは明白。こうなったらまずはオールリセットし、後に裸一貫すっぽんぽんで再スタートというのが吉なのかもしれない。