大塚商会、社員2人が新型コロナウイルスに感染

©株式会社BCN

大塚商会は7月6日、同社社員2人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。

感染した同社従業員2人は、同一就労フロアで勤務していた。いずれも内勤であり、顧客との接触はないという。

2人が出社勤務した6月29日に同一就労フロアに出社していた他の社員全員を自宅待機にし、経過観察を行っている。また、2人の行動履歴について同社が調査したところ、他の社員に複数の濃厚接触者がいる疑いが生じたため、医療機関などに相談するよう指示している。

2人の就労フロアと立ち寄り共有部は7月1日から立ち入り禁止にし、すでに消毒は完了している。

大塚商会では、今後も引き続き保健所の指導を受けながら、全就労者に対し改めて注意喚起を行うとともに、さまざまな対策を講じて感染防止に取り組んでいく方針。