故ジュース・ワールド、遺作となるアルバム発売を発表。ホールジーを迎えた新曲を先行配信

©ユニバーサル ミュージック合同会社

2019年12月に21歳の若さで死去した米シカゴ出身のラッパー、シンガー・ソングライターのジュース・ワールド(Juice WRLD)がホールジー(Halsey)をゲストに迎えた新曲「Life’s A Mess」を2020年7月7日に公開した。同YouTubeにはヴィジュアライザーも公開となり、パフォーマンス・ペインターのデイヴィッド・ガリバルディがジュース・ワールドとホールジーをペイントで模写する様子が描かれている。

「Life’s A Mess」は、失われた愛、人生に訪れる試練、そして苦難について歌っており、さらにいかにしてそういった状況全てを変えることができるかについての内容となっている。

<関連記事>
ジュース・ワールド、死後初の新曲「Righteous」が配信
21歳のラッパーのジュース・ワールド(Juice Wrld)が急逝

また同時にジュース・ワールドの遺作となる最新アルバム『Legends Never Die』が7月10日に発売されることも発表。本人の公式インスタグラムでは次のような声明がアップされた。

「今週の金曜日、ジュース・ワールドのアルバム『Legends Never Die』をリリースし、彼の人生と芸術に敬意を表します。我々はこの15曲の作品が、ジュースが制作していた音楽を象徴していると考えています。このアルバムは、ジュースにとってとても思い入れがあり、深く彼の楽曲制作のプロセスに影響を与えたコラボレーターに光を当てた作品です。ジュースはこれまで自身の音楽をファンのために捧げてきましたが、昨今の不安定な時期にある今こそ、このアルバムが聴く人たちに救済の意をもたらすことを願っております。このアルバムを体感することで、ジュースの人生を祝福しましょう。彼の遺したものは永遠に生き続ける。伝説は絶対に死なない!」

今回の新曲に参加、自身の楽曲「Without Me」のリミックスでジュース・ワールドと共演した経験もあるホールジーもインスタグラムを更新し、次のようにコメントしている。

「ジュースは私が知る限りで最も偉大な人物の一人であり、我々が生きていく上で最も輝かしいアーティストの一人でした。彼は、何の迷いも躊躇もなく歌詞とメロディがこぼれ出てくる真の天才でした。そして、愛を広め、人々が孤独を感じにくくするためのコミュニティを作ることを信じていた美しい魂も持ち合わせていました。このアルバムに参加できたことは、私にとって全ての意味を持っています。初めて聴いた時は涙が出ました。心からの愛を込めて」

また、LAに拠点を置き、eスポーツを始めとするエンターテインメントのコンテンツを幅広く取り扱っているFaZe Clanとジュース・ワールドのコラボグッズの発売も告知された。このグッズコレクションはゲーム好きなジュースとFaZe Clanメンバーの友情がきっかけで生まれたアイディアだそうだ。公式コラボサイトはこちら