豪メルボルン、6週間の外出制限

感染者増加で厳格措置に逆戻り

©一般社団法人共同通信社

 【シドニー共同】オーストラリア南東部ビクトリア州のアンドリュース首相は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、州都で同国第2の都市メルボルンなどで8日深夜から6週間の外出制限を課すと発表した。

 オーストラリアでは3月下旬に全国で外出が制限されたが、感染者の減少により5月以降、緩和された。既に陽性患者数がゼロや1桁の州・準州が多いが、ビクトリア州では感染者が増え、7日にはこれまでで最多の191人の感染を確認。厳格措置に逆戻りする。

 必需品の買い物や医療、介護などを除く不要不急の外出は控える必要があり、飲食店は持ち帰りや宅配のみの営業となる。