対中非難決議の提出調整

自民外交部会、菅長官へ

©一般社団法人共同通信社

 自民党外交部会の中山泰秀部会長は7日、表現を弱める形で習近平・中国国家主席の国賓来日中止要請を盛り込んだ対中非難決議を近く菅義偉官房長官に提出する方向で調整する考えを示した。記者団に「できるだけ早く提出したい」と述べた。

 菅氏は記者会見で、決議が国賓来日に与える影響についてコメントを避けた上で、中国との懸案に関し「首脳会談の機会を活用し、一つ一つ解決していくのが基本的な考え方だ」と語った。

 公明党の山口那津男代表は記者団に「大局的な観点で進めるべきだ」と述べ、来日の必要性を強調した。