キリンラガー、10年ぶりに改良

10月からの酒税法改正見据え

©一般社団法人共同通信社

新パッケージの「キリンラガービール」

 キリンビールは7日、主要ブランドの「キリンラガービール」を10年ぶりにリニューアルすると発表した。7月中旬に製造の缶ビールから順次入れ替える。10月から段階的に始まる酒税法改正でビールは減税となることから、主力商品の改良でビール市場の注目を高めたい考えだ。

 キリンラガービールは、1888年にキリンビールの前身企業が「キリンビール」として発売。1988年に今の名称に変更した。今回のリニューアルでは中身とパッケージを変える。

 仕込み工程では酸味を抑えるよう工夫。爽やかな香りと苦みが特徴のドイツ産ホップを増量し、飲み応えのある味に仕上げた、という。