JR西が県に決定通知書伝達 22年夏の大型観光企画

©株式会社山陽新聞社

伊原木知事に決定通知書を手渡す平島支社長(左)

 JR西日本は7日、JRグループと自治体がタイアップして展開する大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」の2022年夏(7~9月)の開催対象に決まった岡山県に対し、決定通知書を伝達した。

 DCの決定は3月に発表されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で伝達は延期していた。この日、JR西日本の平島道孝岡山支社長が県庁を訪れ、伊原木隆太知事に通知書を手渡した。

 知事は「新型コロナで観光客が落ち込んでいるが、地域の魅力を磨き上げ、全国の皆さんに喜んでもらうという大きな目標ができた」と話し、平島支社長も「より多くの方に来てもらえるよう、JRグループとして取り組む」と述べた。

 県を対象にDCが展開されるのは16年春(4~6月)以来で6度目。今後、観光事業者らと協議会を立ち上げ、事業計画などを詰めていく。