浜崎あゆみ、母になって初の書き下ろし曲に大反響「母性と愛に溢れててやばい」

©メディアシンク株式会社

インスタグラム:浜崎あゆみ(@a.you)より
インスタグラム:浜崎あゆみ(@a.you)より

浜崎あゆみ(41)が5日、自身のインスタグラムを更新。配信限定の新曲『オヒアの木』のリリースを報告し、大反響を呼んでいる。

浜崎といえば先月、インスタグラムのストーリーズに「たまらない曲。形容する言葉が見つからない。いっそ飲み込んで私のお腹で育てて居たい。羽ばたくの寂しい。でも羽ばたくその背を見守るんだろうね。。。」と意味深なコメントを添え、鏡越しの自撮り写真をアップ。ファンからは「え!あゆ新曲かなぁ?」「あゆちゃん新曲の気配」などの声が上がり、話題となったばかり。

そんな浜崎はこの日、新曲の配信スタートの報告と共に「母にならせてもらえた、今のわたしだからこそ、今のわたしにしか創れない曲になっていると思います...」と新曲へのコメントを記した。浜崎の新曲リリースは2018年8月に発売されたミニアルバム『TROUBLE』以来、約2年ぶりとなる。

配信直後からSNS上には「浜崎あゆみとして走り続けてきた彼女がやっと1人の人として守りたいものを見つけたんだなと思うと嬉しくて泣ける」「感動して涙がボロボロ出てくる」「あゆの新曲、母性と愛に溢れててやばい」「歌詞的にべびちゃんのことかな?あ〜エモいわぁ」など、ファンから絶賛の声が殺到している。

2019年末に第一子男児を極秘出産した浜崎。母になって初めての書き下ろし曲に多くの注目が集まったようだ。