熊本県・大分県に記録的短時間大雨情報 大雨災害に厳重警戒

©株式会社ウェザーマップ

 気象庁は、熊本県で災害につながるおそれがある猛烈な雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報を発表した。

【記録的短時間大雨情報 1時間雨量】

熊本県

 高森町付近 約110ミリ(午前1時00分)

 高森町付近 120ミリ以上(午前1時20分)

大分県

 竹田市竹田付近 約110ミリ(午前1時20分)

 九州では、明け方にかけて猛烈な雨が降るおそれがある。これまでの雨で、地盤が緩み土砂災害が起こりやすくなっているほか、河川も増水し、すでに氾濫が発生している地域もある。雨が降っている地域はもちろん、雨がやんだ地域でも引き続き最大級の警戒が必要だ。

記録的短時間大雨情報とは

 1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、さらにその地域にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨である場合に発表される情報。周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性が高まっているため警戒が必要となる。