多賀城市元幹部ら有罪 贈収賄で仙台地裁判決 「入札の公正害す」

©株式会社河北新報社

 宮城県多賀城市水道事業発注の入札を巡る贈収賄事件で、加重収賄罪などに問われた元市水道事業管理者佐藤敏夫被告(69)=多賀城市市川=と、贈賄罪などに問われた同市の長尾設備前社長長尾賢一被告(71)=宮城県七ケ浜町遠山3丁目=の判決で、仙台地裁は7日、佐藤被告に懲役2年、執行猶予3年、追徴金17万3000円(求刑懲役2年、追徴金17万3000円)、長尾被告に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 江口和伸裁判長は佐藤被告について、組織の管理者として高い公平性が求められる立場だった点を重視。「入札の公正を著しく害し、市民の信頼を失墜させた。長尾被告の(情報漏えいの)働き掛けを拒絶して当然だった」と述べた。

 長尾被告については、自ら求めた入札情報を基に自社が落札した点に触れ「犯情は悪質」と強調。賄賂に当たる金額などを踏まえ「重い部類の事案と言えない」とし、両被告を執行猶予とした。

 判決によると、昨年10月1日実施の同市笠神の道路整備事業に伴う配水管移設工事の制限付き一般競争入札を巡り、長尾被告から予定価格を知らせるよう頼まれた佐藤被告は同8月31日ごろ、長尾設備が手掛けた自宅の整地工事費17万3000円の支払いを免除された。その後、同入札の予定価格3850万円を電話で教え、長尾被告は予定価格に近い3836万円で落札した。