県内大雨の恐れ きょう昼前にかけ

©株式会社岩手日報社

 盛岡地方気象台は8日昼前にかけて県内が大雨となる恐れがあるとして、県気象情報を発表した。

 停滞する梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み、内陸と沿岸北部で断続的に大雨となる所がある見込み。同日午後6時までの24時間予想雨量は内陸、沿岸北部の多い所で60ミリ。

 同気象台は警報級の大雨となる可能性もあるとして、同日昼前にかけて、土砂災害や河川の増水などへの注意を呼び掛けている。