JR東日本アプリ「山手線内 駅混雑予測情報」 7月下旬公開 27駅の混雑度を色分けして表示

©株式会社エキスプレス

画像:JR東日本

JR東日本は駅利用の利便性向上の取組みとして、JR東日本アプリにて「山手線内 駅混雑予測情報」を7月下旬に公開する。

出かける時間・帰る時間を判断する一助となることを目的として作られたもので、アプリ上で当日~2日後までの駅構内の混雑予測状況を確認できる。

各駅の混雑レベルは「混雑なし」「やや混雑」「混雑」「大変混雑」の4段階に分かれており、各駅の詳細画面ではグラフやアイコンの色から時間帯ごとの混雑予測情報が読み取れる。

画像:JR東日本

【対象駅】
池袋、目白、新大久保、代々木、原宿、渋谷、恵比寿、目黒、高輪ゲートウェイ、田町、新橋、有楽町、神田、秋葉原、御徒町、鶯谷、西日暮里、田端、駒込、巣鴨、大塚(山手線)

御茶ノ水、水道橋、飯田橋、四ツ谷、信濃町、千駄ヶ谷(中央・総武線各駅停車)

【今後対応を検討する駅】
東京、浜松町、品川、大崎、五反田、新宿、高田馬場、日暮里、上野、市ケ谷

鉄道チャンネル編集部